オンラインスクール

【小中学生必見】”今からでも遅くない。学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法”

学習・学校

みなさん、こんにちは。

のりそらです。

学校経営理念

私は、『教育に選択肢を、人生に革命を』を経営理念に、

学校教育目標

教育目標を『明日も行きたくなる学校』すなわちNEXTAGE SCHOOLとした次世代の学校の運営をしています。

ここでは、教育に関わるテーマを1つ挙げて、それについての考えを共有しつつ問題提起を行っています。

さて、今回は学校の勉強についてお話をしていきたいと思います。

本日の内容:【小中学生必見】”今からでも遅くない。学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法”

【小中学生必見】”今からでも遅くない。学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法”

さて、今回は、『【小中学生必見】”今からでも遅くない。学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法”』というテーマでお話ししていきたいと思います。

同様の内容を動画でもご覧いただけます↓↓

対象は、小中学生くらいかな?と思います。

「あなたは、いつ頃から勉強がわからないと思うようになりましたか?」おそらく、”あの頃”とドンピシャで答えることは難しいですよね。

たとえ、わからないことがあっても授業はどんどん進んで行きますよね?

授業中は、わからないから指名されるのが怖くて節目がちでいますよね?

ただただ時間が流れるのを待つ、そんな感じですよね。

でも、幸い図工とか体育とか、他の子と対等にできる教科もあることに救われていますよね。

休み時間も、みんなでドッヂボールをしたり、鬼ごっこをしたり‥楽しめているのではないでしょうか?

友達もたくさんいるし、学校自体はそんなに嫌なわけではない。

ただ、勉強だけは‥。

と、そんなあなたに教えます。

”今からでも遅くない、学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法”

【小中学生必見】”今からでも遅くない。学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法”

”今からでも遅くない、学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法”をこっそり教えようと思う。

よーく聞くんだよ。

そして、素直にやってみるんだよ。

ではいくよ。まず、一つ目は、

学校の勉強がわかるようになる方法①先生の話をよく聞く

学校の勉強がわかるようになる方法①先生の話をよく聞く

先生の話をよく聞く、ということ。

なーんだ、そんなことか、当たり前じゃん!と思っているそこの君。

君にこそいっているんだよ。

今、当たり前のことを言われたもんだから、その内容を甘くみてはいないかい?

私の言いたい”先生の話をよく聞く”と君の思う”先生の話をよく聞く”は、本当に同じかな?

それを確かめることができるのは、ここから先の話を聞いてこそ。

しかし、わかった気になっている君は、これからの話と全力で向き合うことを無意識に避けています。

そこが、ポイントなんです!!

よく、『人の話は最後まで聞きましょう』と言われますが、これをきちんと実行できていない人が結構いるのです。

だから、『人の話は最後まで聞きましょう』という声かけは無くならないんだろうね。

私の言いたいことはわかるかな?

これまで以上に、授業中の先生の話をよく聞いて欲しい。

わかったつもりでいる部分も、最後までしっかりと聞いて欲しい

最高レベルの集中力で!

算数(数学)のように積み上げが必要な教科は、他にも方法が必要になってくるんだけど、わからなくなってしまっている算数(数学)でも意識して欲しい。

多くの場合、これだけでずいぶん結果が変わってくるから。

どうせ同じ45分(50分)を過ごすのならば、意味のある時間を過ごした方が得。

賢い君はわかるよね?

まずは、だまされたと思って先生の話をよーく聞いてみて。

それができたら、次。

学校の勉強がわかるようになる方法②質問をする

学校の勉強がわかるようになる方法②質問をする

次の方法は、”質問をする”、だよ。

予想される反応は、「恥ずかしい」。

では、恥ずかしくなくて、質問ができる方法を考えよう。

まずは、先生との関係だね。

先生との関係がしっかりできていないと質問はできないよね。

先生との関係はどうだい?

何でも気軽に質問ができるような関係を築けているかな?

これは、君たちだけの仕事ではなく、先生の仕事でもあるんだけどね。

もし、関係ができていなかったりすると、『こんなこともわからないのか!』と言われてしまうんじゃないかって心配になるんだよね。

子どもたちは、そういう風に考えがちだけど、先生たちは実はそんな風には思わないんだよ。

質問してくる子がいたら、『えらい』って思うんだよ。

想像と全く逆だね。

だから、大丈夫なんだけど、心配な子は先生との関係をもっと築こう。

先生と休み時間にたくさん会話をしよう。

一緒に遊んでもらおう。

先生に近づく努力をしよう。

そうしたら、今よりも質問がしやすくなるんじゃないかな?

大抵の子は、ここまでしなくても質問くらいできるよ、っていう状況でしょ?

となると、自分が質問をしないだけ。

面倒がって、他の事の方を優先させて、勉強のわからないところを後回しにしてしまっているんだ。

そこを変えよう。勉強の優先順位を上げるんだ。

その方が後が楽だよ。

賢い君は、わかるよね?

実は、ここまでのことをしっかりできれば、勉強は身につくんだよ。

しっかりできればだよ。

おまけとして、最後に一つ。

学校の勉強がわかるようになる方法③目標をもつ

学校の勉強がわかるようになる方法③目標をもつ

”目標をもつ”を授けるよ。

何でそれで勉強ができるようになるの?って言いたそうだね。

逆に質問するよ、何のためにやるのかわからないことを人はそんなに頑張れるかね?

マラソン選手は、目標がなくて42.195kmもの長い道のりを走ることができるかね?

勉強も一緒じゃないかな?

よくありがちなのが、”将来○○になりたいから、勉強を頑張る”みたいな目標設定。

とっても素晴らしいことだけど、君はこれで頑張れるかな?

私には、先の事過ぎて頑張りがきかないんだよ。

だから、目標を達成できたかどうかが、もっとすぐに結果が出る方がいいんだよね。

例えば、次の国語のテストで100点をとる、みたいな。

ここでのポイントは、”100点”というところだよ。

100点じゃなきゃダメなんだ。

だって、さっき方法①と②の通りに頑張ったんだもんね。

そしたら、完璧を目指そうよ。

この目標はすごくわかりやすいよ、一個も間違えてはいけないんだから。

やはりそういった気持ちでやらないと、結果はついてこないんだ。

だから、100点。これにこだわろう。

近くのテストの100点を目標にしていくことを続け、結果がともなってくれば、通知表の結果が明らかに変わるよ。

そしたら、自信がつくね!

まずは、次のテスト100点を目指してやってみよう!

まとめ

以上が”【小中学生必見】”今からでも遅くない。学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法””だよ。

1日3時間勉強しろといった大変なことではないよね?

だから、君にも絶対にできるんだ!

大切なのは、

”日々の積み重ね” これに尽きるんだ。

そして、習慣になってしまえば、これが一番楽な方法なんだ。

だって、当たり前のことを当たり前にするだけだから。

だけど、これが結構難しい。

多くの人がこれができずに脱落していく。

こういう話を聞くと、たいていの人はしばらくは頑張れるんだ。

でも、だんだん気持ちが薄れて脱落していくんだ。

だからとにかく習慣にすることだよ。

習慣になるまでしばらくはしんどいこともあるんだけど、習慣になってしまえばこっちのもの。

無意識にできるようになるよ。

今日は最後にこんな言葉を贈ります。

『コツコツ勝つコツ』。

はい10回連続で言ってごらん。

そして、実行してごらん。

この積み重ねで人生が変わるよ。

モテるようにもなるよ。

なんちゃって(笑)。

でも本当。

さて、今日は、『勉強がわからない君へ』というテーマでお話しさせていただき、”今からでも遅くない、学校の勉強がわかるようになるたった3つの方法”をこっそり伝授させていただきました。

たった数年の人生であきらめるのは早過ぎます!!

本気でやって人生変えてみてください。

以上、のりそらでした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

頑張る先生のためのオンラインスクールを開校しました↓↓ #教師のバトン

Homepage
教育について情報交換しましょう!!
スポンサーリンク
学習・学校
スポンサーリンク
norisora1415をフォローする
のりそら教育改革ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました