オンラインスクール

【悲報】マナブさんへの批判、構造はいじめと同じ

トレンドに学ぶ

みなさん、こんにちは。

のりそらです。

学校経営理念

私は、『教育に選択肢を、人生に革命を』を経営理念に、

学校教育目標

教育目標を『明日も行きたくなる学校』すなわちNEXTAGE SCHOOLとした次世代の学校の運営をしています。

ここでは、教育に関わるテーマを1つ挙げて、それについての考えを共有しつつ問題提起を行っています。

さて、今回はモラルについてお話をしていきたいと思います。

本日の内容:【悲報】マナブさんへの批判、構造はいじめと同じ

【悲報】マナブさんへの批判、構造はいじめと同じ

さて、今回は、『【悲報】マナブさんへの批判、構造はいじめと同じ』という話をしていきます。

同様の内容を動画でもご覧いただけます↓↓

みなさん、ビジネス系ユーチューバーのマナブさんという方をご存知ですか?

チャンネル登録者数が50万人近くいる人気ユーチューバーです。

そのマナブさんが現在炎上しています。ガンガン名指しで批判されています。

詳しい経緯は、一つ目として、プログラミングコミュニティ内で悪評を撒き散らそうとした人を強制退会させたということがあったようです。

その件を巡って擦ったもんだがあった。

二つ目として、マナブさんの海外の会社が税金面で非合法ではないか、ということ。

これらをきっかけにマナブさんへの批判が高まり炎上しました。

これまでは何も言っていなかった人が鬼の首を取ったかのようにどんどん叩きます。

そのほとんどが今回の件の被害者ではありません。

ある人が口火を切ったら、一気に加勢。その勢いは、どんどん増していったのです。

マナブさんは、一般人ながらももはや有名人です。

だからこのような事態になっているというのはあります。

いわゆる有名税というヤツですね。それにしても、大人たちがこぞってある人を一斉に叩く、これはいかがなものでしょう?

そして、こんな人も現れます。これまでマナブさんを信頼して動画でたくさん勉強させてもらってきた人が、不信感を持ち始める。

YouTubeっているものの特性上、一方的に無料でかなり勉強をさせてもらっていたにもかかわらず、噂だか真実だかわからないことに流される。


そして、離れていく。

マナブさんは、動画でメンタルが強くないとも言っています。

だとしたら、相当今の状況を悲しんでいるのではないでしょうか?

何がいじめの構造かと整理すると、

いじめの構造① 外野が騒ぐ

いじめの構造① 外野が騒ぐ

問題の当事者ではない外野が騒ぐ、というところ。

これまで快く思っていなかった人などがここぞとばかりに登場してきて批判をする。

今回、堂々と顔を晒して批判をしている人もいます。

とても厳しい言葉を投げかけていますが、この人には正義があると思います。

ちゃんと主張をしています。

特に問題なのは、こういった人の影に隠れた批判者です。

文句があったなら、その都度直接言ったらって話です。

いじめの構造② 物言わぬ傍観者

いじめの構造② 物言わぬ傍観者

さらに、いじめの構造2つ目は、物言わぬ傍観者の存在です。

何も言わないので、何となく敵になってしまったような気持ちになり不安にさせます。

言葉をかけてあげればいいです。

真実を知りたければ、聞けばいいです。

そういうことを一切せずに傍観者でいる、実はこれもダメージが大きいものです。

当事者は敏感になっているので、裏切られたような気持ちになります。

形はどんなであっても構いません。

例えば、今までと変わらず接する、これでも十分なのです。

今回で言えば、これまで通りに動画を見続けることそれでもいいのです。

いじめの構造③ 離れていく者

いじめの構造③ 離れていく者

真偽を確かめることさえせずに離れていく者、が出てきます。

恐らく、深い理由などないのでしょう。

相手のことも考えてもいないでしょう。

冷たい人々です。

こういう人たちは、ほとぼりがさめた頃にしれっと戻ってきていたりします。

まとめ

さて、今日は、『マナブさんへの批判の構造は完全にいじめ』というテーマでお話しさせていただきました。

私は個人的に動画を通してマナブさんにかなりお世話になっているので、恩しかありません。

仮に、偽りがあったとしても、それは自分で見極めれば良いことです。

お世話になっている分は返したいのですが、自分にはまだこんなことしかできません。

でも、応援していますし、これからも動画を見続けたいと思います。

マナブさんは、こういったことに慣れっこになっているかもしれません。

自分が想像するほどのダメージを受けていないかもしれません。

それでも、自分は自分の想像力で判断して、できることをしたいと思いました。

余計なお世話でしたら、本当にすみません。

のりそらからは以上です!!

もしこの記事がお役に立てたら下の2つのバナーを1日1回ポチッとクリックお願いいたします!!

それを活力に頑張ります↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

頑張る先生のためのオンラインスクールを開校しました↓↓ #教師のバトン

Homepage

コメント

タイトルとURLをコピーしました